自己破産で帳消しに | 返済できない借金は債務整理で片付けよう!

自己破産で帳消しに

悩んでいる

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、依頼先の弁護士や司法書士はどうにかして借金を返せる形にしてあげよう、と思っているので、様々な方法で借金を返済できる形にしてくれます。
ですが、時には何をしても返済できる見込みが無いような額の借金の人が依頼をしてきたり、債務整理をしても依頼者の収入的に考えても返済できる見込みが無い、という状況が発生する場合もあります。
そのような時、弁護士や司法書士は「自己破産」と呼ばれるものを勧めてくる場合があります。

この自己破産というのは、国が設けた借金に悩む人に向けての救済措置で、自己破産を行えば今までの借金を全て帳消し……つまり、何千万、何億円もの借金があったとしても、この自己破産を行えば0円にすることが出来るのです。
なので、もしどうやっても返済できないような借金があるのなら、この自己破産を行うことによって、借金を全て無くし、借金の悩みから開放されるのです。
ですが、このような方法を取るためにはそれ相応の代償が必要となります。

まず、自己破産を行うと一定期間の間は社会的信用の必要な職業に付けなくなりますし、社会的信用の必要な物が作れなくなります。
そして、自己破産を行う際には官報と呼ばれる国の機関紙に自己破産者として名前と住所が掲載されてしまうのです。
更に、自己破産を行う段階で自分の持っている財産が全て没収されてしまい、手元には生活に最低限必要な現金だけが残る状態となってしまうので、今まで自分が大切に持っていたようなものも全て無くなってしまいます。
このような非常に大きなリスクがあるので、自己破産を勧められた際にはヤルかどうするか、というのをしっかりと考えるようにしましょう。